朝食はホテル宿泊の楽しみのひとつ。地元食材にこだわった、和洋バイキング形式の朝ごはんをお楽しみください。

朝食基本情報

料金: お一人様1,080円(税込)
内容: 和洋バイキング
時間: 6:45~10:00(最終入場9:30)
会場: 1階「レストラン シャンボール」

◆ご宿泊のお客様(素泊まり宿泊プランでご予約の場合)
 ・小学生~大人 / お一人様800円(税込)
 ・幼児(4歳~6歳) / お一人様600円(税込)
 ・3歳以下のお子様 / 無料

◆ご宿泊なし・朝食のみご利用のお客様
 ・お一人様1,080円(税込)

ピックアップメニュー

豊富なバイキングメニューより、秋田ならでは・「横手セントラルホテル」ならではのメニューをピックアップ。
ブッフェ台から見つけてください・・・見つからなければ、お気軽にスタッフにお尋ねください。爽やか・元気なレストランスタッフが、張り切ってご案内いたします!

  • 炊きたてごはん、お米は「あきたこまち」

    横手セントラルホテルのごはんは、ほのかな甘味ともちもちした食感が自慢の、炊きたて「あきたこまち」です。
    "美人を育てる秋田米"のキャッチコピーでお馴染み、米の食味ランキングで最高評価の特A獲得常連、秋田県自慢のお米です。
    「いぶりがっこ」や「特製カレー」との相性も抜群!

  • 秋田ならではの燻製漬物、地元・山内産「いぶりがっこ」

    雪国・秋田の伝統的な漬物「いぶりがっこ」発祥の地は、山内村(現・横手市)と言われています。
    食感や、噛めば噛むほど口の中に広がる燻製の香りをお楽しみください。同じ大根を使っていても、「たくあん」とは噛みごたえも旨味も一味違います。

  • ホテル自慢の「特製カレー」

    セレクトホテルズグループは、「朝カレー」が自慢のホテル揃い。横手セントラルホテルも、特製カレーをご用意しております。
    ホテルカレーとはいえ気取ったものではなく、どこか懐かしい、きっと食欲をそそるタイプのカレーです。

    ◆朝カレーの効果◆ 自律神経に働きかけ身体を起こす、脳が活性化される・・・などがあるそうです。朝カレーで元気いっぱい、行ってらっしゃいませ!

  • 地元・横手の卵を使った「卵料理」

    卵料理は朝食の定番。横手セントラルホテルのこだわりは、素材の卵です。地元・横手の新鮮な卵を仕入れています。
    シェフがバイキング会場で調理し、出来立てをお召し上がりいただけます。

  • ホテル特製「自家製餃子」

    セイロから熱々を取り出して、お召し上がりください。皮にも具にもこだわった、ホテル自家製・手包みです。
    ニンニクを使っていない、朝から楽しめる餃子です。

  • 昔なつかしい「ビン牛乳」

    牛乳は朝食の定番ですが、横手セントラルホテルのこだわりは「ビン入り牛乳」。どこかノスタルジーを感じさせる、地元産です。
    ビンから直接飲むのがお薦め! 豊かな牛乳の香りを感じ、心地よい口当たりとヒンヤリ感も楽しめます。